食品物流なら茨城乳配! 茨城県水戸市・栃木県宇都宮市を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

【卵の輸配送温度について】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!



 

 

卵の輸配送時の温度管理についてお問い合わせをいただき

 

ました。

 

以前も卵の輸配送に関する情報提供を依頼されたことが

 

ありましたので、現在主流になっている考え方をご紹介

 

しておきます。

 

 

スーパーやコンビニで見かける一般的な卵は、常温で販売

 

されていて賞味期限がおよそ2週間前後に設定されている

 

ようです。

 

 

でも、買って帰ると冷蔵庫に保管・・・。

 

あれ、どっちが正しいの?ってことになりますよね。

 

 

 

卵の鮮度は温度によって大きく左右されます。

 

冬場は良いのですが夏場は高温になりやすく、鮮度に大きな

 

影響を与えます。

 

常温で長い時間卵を保管しておくと、卵の表面にある気孔から

 

炭酸ガスが早く抜けていき鮮度が落ちてしまいます。

 

 

また、卵の管理でもっとも注意しなければいけないのが

 

サルモネラ菌です。

 

この菌の対策では、10℃以下の保存が有効という学説が

 

発表されています。

 

通常は、出荷される前にサルモネラ菌への対策は十分されて

 

いるのですが、だから常温でOKというわけではありません。

 

 

 

日本では法律の定めはありませんが、アメリカやEUなど海外

 

では卵の輸配送に関しては法律でチルド管理をすることが

 

定められている国も多いようです。

 

 

昔から卵の輸配送を行っている企業では、現在も常温での

 

 

輸配送を行っている企業があるようですが、食の安全・安心が

 

重要視される現在では、このような背景から主流はチルド輸送

 

よって5℃以下の管理で行われています。

 

 

 

参考までに、日本卵業協会のページに温度と賞味期限の

 

関係が書いてありますので、ご興味のある方はこちらから

 

どうぞ。↓

 

http://www.nichirankyo.or.jp/ansin/amsin01.htm

 

 

 

 

輸配送はチルド。

 

買って帰ったら冷蔵庫です。

 

 

 

 IMG_6705 (1024x768)

 

 

 

 

 

 

食品のチャーター輸送をお考えなら こちら  から。

 



食品の共同配送をお探しの方は こちら から。





にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
にほんブログ村

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ