食品物流なら茨城乳配! 茨城・宇都宮を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

【冷凍・冷蔵食品輸配送の重要ポイント】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

2020.03.19

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

ブログ更新2459回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷凍・冷蔵食品の輸配送をするうえで最も重要なポイントは何か?

 

先日、あるヒアリングを受けた際の問いの1つだったのですが

改めて考えてみた時、ここが重要だと再認識したことだったので

ここについてお話してみようと思います。

 

 

最も重要なポイント。

それは輸配送クルーが商品や業務を「知っている」ということです。

 

なんだ、当たり前のことじゃないかという声が聞こえて

きそうですが、基本的なことを知らずに輸配送サービスを

提供している企業は少なくありません。

 

 

♦なぜ、知っていることが大事か?

冷凍・冷蔵食品の輸配送業務は、人間が生きていくために

必要な食品を消費者に届ける重要な役割。

365日24時間動き続けていることが多く、特に夜間から

明け方がピーク時間帯になります。

 

この時間帯は交通量が少なく輸送効率が高いこと、また

朝方からの開店に合わせて食材を準備できるというメリットが

ありますが、一方デメリットとしては何か問題が発生しても

お客様や納品先と連絡が取れないという点があります。

 

従って、連絡が取れるまでトラブルを放置せずにその場で

解決できる能力が高ければ、周囲に迷惑を掛けず

スムーズな業務遂行が可能になります。

 

 

♦何を知っていると良いのか?

例えば、最近話題の新コロナウイルス対策であれば、お客様や

納品先の感染対策状況やレベル感がそれにあたります。

・現場のセンターや店舗での対策状況やその変化

・荷主企業の社内の対策レベル

・公開されている荷主企業の社内情報

・メール等での対応要請

 

安全運行手法や荷扱い、作業手順は当然として、

こういった情報を輸配送クルーが知っていること、

また把握できる仕組みが重要になります。

 

 

♦どのようにして”知る”か?

業界新聞や経験から知ることも多いのですが、もっとも

有効なのは、お客様とコミュニケーションをしっかりと取る

ことだと思います。

 

「最近、社内の感染対策が厳しくて除菌水携行が義務に

 なったんだよ。」

雑談や世間話、担当者様の愚痴の中にもたくさんのヒントが

隠されています。

こういった情報から何をするべきか考えることが大事です。

 

現場担当者レベルだけでなく、管理職クラスの方とも

情報を共有できるようにコミュニケーションをとっておけば、

お客様の戦略遂行を意識した対応も可能になります。

 

コミュニケーションを積極的にとることで、対応オプションが

形式知化されていき社内にノウハウとして蓄積されていくのだと

思います。

 

 

 

知っているということ。

ディーラーに頼めば温度管理装置が付いたトラックは

簡単に手に入りますが、この仕組みやノウハウは

そう簡単に手に入るものではありません。

 

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、

毎日同じようなプロセスを繰り返す冷凍・冷蔵食品の

輸配送業務においてはとても重要なポイントだと思います。

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら から。

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。


↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ