食品物流なら茨城乳配! 茨城・宇都宮を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

食品共同配送の成功するケース 2

冷凍・冷蔵食品物流のことなら茨城乳配にご相談を!!


いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

本日から10月ですね。

 

素晴らしいことがたくさんありそうな予感がしています。

 

 

 

さて前回に引き続き、今回も食品の共同配送で成功

 

するケースについてお話しさせていただきます。

 

 

 

2 『少量・他納品先・同時間帯の納品制約』

 

 

特にチルド帯の食品に多く見られるケースですが、1件

 

1回あたりの配送量が少なく、そのかわりに同時間帯に

 

たくさんの取引先に納品しなければいけないケースです。

 

 

例えば、外食チェーンや小売りチェーンの各店舗への配送

 

などがそれにあたります。

 

 

このようなケースは共同配送を利用することで配送の

 

効率化ができる可能性が高いと考えられます。

 

 

このような条件を自社便やチャーター便で配送しようと

 

すると、人的にも車両的にも大きな労力・投資が必要に

 

なりますが、それに反して採算面ではあまり良い結果は

 

望めません。

 

運ぶ物量の割にCo2の排出も非常に多くなります。

 

 

 

共同配送を利用すると多方面別に運行している既存

 

車両に分散して配送できる為、あらたな車両や人材を

 

必要とせずに、同時間帯にたくさんの納品先に配送する

 

ことが可能になります。

 

もちろん、配送する物量に見合った運賃の支払いになる

 

為、チャーター便のように配送全体のコストを気にする

 

必要がなくなります。

 

既存運行車両の活用ですからCo2の排出も気にする必要

 

がない程度です。

 

 

 

 

 

このようなケースで上手に共同配送を活用する工夫として、

 

 

1 納品時間帯をできるだけ広くしていただくように納品先

  に事前に交渉しておく

 

2 無人納品が可能なら鍵を預かることができるか確認して

  おく

 

3 事前に共同配送で配送する旨を納品先に伝えておく

 

 

4 納品時間帯や注意点を確認しておき物流会社に

  文書で伝えておく

 

5 季節変動が大きいと予想される場合、物流会社様に

  物量データを開示して打ち合わせをしておく

 

 

 

などが挙げられます。

 

 

 

しかし、このケースでも共同配送への移行を注意したほうが

 

良い場合があります。

 

 

 

前回お話ししました通り、時間などの納品制約がクリア

 

できる上で車両が満載になるような場合には、チャーター

 

便を検討する必要があります。

 

1店舗だけでは無理でも2~3店舗分で満載になるような

 

ケースでは、納品後1度戻って再度納品に出掛けるなど

 

複数回車両を動かす工夫をすることでチャーター料金でも

 

十分に適正運賃に収めることができることが考えられる

 

からです。

 

 

 

次回は、食品共同配送の成功するケース3としまして、

 

『新たな地域への営業展開』

 

をお話しさせていただきます。

 

 



食品の共同配送をお探しの方は  こちら から。

 

 

 


  

食品の業種別配送ソリューションは こちら  から。

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ