食品物流なら茨城乳配! 茨城・宇都宮を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

共同配送を利用する時の注意点

 

冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!



いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

 

今日は『リサイクルの日』です。今までは捨てるしかなかった

 

物を買い取ってもらえるお店が最近は増えていますね。

 

是非、この機会に持ち込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

さて、前回までの5回に渡り食品共同配送の成功する例を

 

お伝えさせていただきました。

 

その都度注意点を書き添えさせていただきましたが、今回は

 

それらを含め改めて注意点をお話ししたいと思います。

 

 

1 納品時間は帯で考える

 

共同配送は言わば乗合バスと一緒。

 

様々な製品を日々変動する物量に対応しながらいろいろな

 

ところに配送しますから、納品時間をピンポイントに何時と

 

指定しての配送は難しいと考えましょう。

 

例えば8:00~12:00のようにできるだけ広い帯で納品

 

許可を取ってください。

 

 

2  同じ製品でも配送距離や納品条件などで単価は変わる

 

 

共同配送はケース単価や訪問件数単価などの運賃設定が多い

 

のですが、基本になるのは時間と距離が多いようです。

 

遠方になれば高くなりますし、陳列など時間が掛かる納品方法

 

を依頼すれば当然通常より高い単価になります。

 

また、基準より重い・大きい場合も割増の可能性があります。

 

参考までに当社の基準は、1才7Kgになっています。

 

3 匂いに注意


乳製品など移り香に弱い製品は要注意です。


安価な配送料だからと共同配送にした結果、他の食品の匂い


が移ってしまい全量返品というケースも稀にあるようです。


混載される可能性のある製品の確認や、場合によっては


共同配送をあきらめることも必要です。




4 主導権は物流会社


チャーター配送はそのお客様の専属ですから、ルートや時間など

 

のアレンジはお客様の自由ですが、共同配送では他の製品を


混載する性格上、主導権は物流会社になります。


各物流会社のルールや規則に合わせる必要がありますので、


事前に確認をしておく必要があります。



5 必ずしも安くなるわけではない


共同配送はケース単価や件数単価の為、物量に応じた


配送費にできるメリットがある手段ですが、物量が増えてくる


と返って高くついてしまうこともあり得ます。


適正な配送費を考えるなら、共同配送に偏らずチャーター配送や


路線便など他の手段も検討する必要があります。



 


これら以外にも注意点はありますが、結局のところ最も大切な


ことは、物流会社と信頼関係を築けるように情報交換を密にする


ことではないかと思います。

 

 




 

 

食品の共同配送をお探しの方は こちら  から。


 

 

食品の業種別配送ソリューションは こちら  から。

  

 

 

  

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ