食品物流なら茨城乳配! 茨城・宇都宮を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

【コンビニ24時間営業からの転換】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!


ブログ更新2395回目。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブンイレブンが本格的に営業時間の見直しを

行うことを永松社長がコメントしています。

 

興味深かったのは、

 

「45年間、我々のやり方を踏襲してきたことが

 問題の背景にある。

 社会の変化に対応し、変わらなければいけない」

 

という言葉でした。

 

リーディングカンパニーであるがゆえに気付くのが

遅れたとも言えますが、顧客の深層ニーズの掘り起こしが

得意なこの企業が環境変化に対応できなかった

という現実はこれからの食品物流にとっても大きな

メッセージになるのではないでしょうか。

 

 

コンビニを経営する店主の反乱から始まった24時間営業問題。

それが当たり前だと思い込み、疑うことができなかったことが

問題を複雑にしました。

 

そもそも食品物流視点で見れば、ずっと前から24時間365日稼働が

困難になることは騒がれてきました。

早くから人手不足が課題として認識されてきたからで、

人手が不足する真因は少量多頻度物流という過剰サービスを担う

プレイヤーの疲弊であることは誰の目にも明らかだからです。

ですから、店頭でも同じことになるのは時間の問題だと

感じていました。

 

物流業界が環境変化に敏感だったわけではなく、小売りの

過剰サービスのしわ寄せが物流業界に早く届いていただけ。

その警告シグナルを、小売りや小売りから圧力を受ける

食品メーカーが知らぬふりを決め込んだことで、物流の

変革が遅れたことは間違いないと思います。

 

 

コンビニの最大手がやっと現実を直視することになった

このタイミングで、顧客サービスの追求を理由に

過剰サービスを強いて誰かの犠牲のうえに収益を上げようと

いう考えを見直すべきだと思います。

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら から。

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。


↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ