食品物流なら茨城乳配! 茨城・宇都宮を中心にサービスを展開

  • tel:0120-117-190 受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

新着情報

【冷凍食品用のトラックの特徴】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

2020.03.23

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

ブログ更新2462回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷凍食品など冷凍品の物流では、冷凍温度管理が可能な

トラックによる輸配送が当たり前になりました。

 

個人宅への宅配などでは蓄冷材を使用しての物流も

行われていますが、安全・安心に流通させるために

必要なコールドチェーンを守る上では温度管理装置は

欠かせないものになっています。



冷凍車での輸送・配送で注意するべき点は、やはり温度管理

です。

ひとことで冷凍と言ってもいくつかの段階があり、

冷凍車の場合には以下の3つの温度帯が一般的になっています。

 

・-20℃前後  冷凍食品に対応

・-30℃前後  アイスクリーム類に対応

・-50℃超   冷凍マグロなどに対応

 

さらに細かな温度調節については、、車両に搭載されている

冷凍機の設定温度調節で対応していきます。

 

車両の管理温度の違いは、そのまま仕様の違いになります。

-20℃と-30℃の違いは、断熱材と冷凍機の違いとなり、

温度が低くなればなるほど断熱材は厚く、冷凍機は大型の

ものになっていきます。

その結果として、積載重量や容積が下がっていき、車両は

高額化していきます。



冷凍車による輸送・配送の安全性については、デジタル技術を

活用した新技術が日進月歩で開発されていることから、

今後も車両装備が進化することで高まっていくと

考えられています。

トラックの荷台にカメラを設置して物量の変化を

モニターしAIによって空きスペースを定量化して

マッチングさせるようなこともできるように

なると考えられています。

 

ゆえに、その車両を使う人のスキルによって

その性能を発揮できるかが決まってしまうため、

人材の教育指導の進化も求められていくと思います。

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら から。

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。


↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

お問い合わせ
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせは
お電話または
メールフォームから
お気軽にどうぞ!

0120-117-190

受付 平日 9:00~17:30 担当:アイタ

お問い合わせ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

  • tel:0120-117-190
  • 受付時間:平日 9:00~17:30

求人に関するお問い合わせ